女性の夢を叶える指輪|結婚指輪に想いを添えて|恋人から夫婦へ変わる時
指輪

結婚指輪に想いを添えて|恋人から夫婦へ変わる時

女性の夢を叶える指輪

新郎新婦

起源

女性なら一度は、プロポーズと一緒にキラキラ輝く婚約指輪をプレゼントされるシチュエーションを夢見たことがあると思います。婚約指輪は、男性から女性への愛の証明であり、今後の幸せを誓う大切なものです。婚約時に指輪を贈るようになったのはいつからなのでしょうか。婚約指輪の起源は、古代ギリシャの時代と言われています。当時の結婚とは、家と家でするものであり、女性はお金によって変われるという形で結婚していました。婚約が成立すると、夫側の家は妻側の家にお金を払い、その証拠として妻の父親に指輪を贈っていました。このような習慣が無くなっても、指輪を贈ることだけは現代まで受け継がれてきたようです。日本では、1960年頃から結納品の一つとして贈られるようになりました。

時代とともに変化

このように、時代が変わっても受け継がれてきた婚約指輪ですが、少しずつ変化もしています。婚約指輪のランキングを見てみると、ほとんどすべての指輪にダイヤモンドが使用されているのが分かります。日本で婚約指輪が贈られるようになった当初は、ほとんどが真珠や誕生石をあしらったものでした。しかし、1970年代に入り、宝石会社のCMのよって、「婚約指輪にはダイヤモンド」というイメージがすっかり定着し、現代では70%以上のカップルが婚約指輪にダイヤモンドを使用しています。ランキングを見ると、最近のトレンドも分かります。最近ではダイヤモンドが一つではなく、周囲にも使用したものが人気のようです。一昔前までは、婚約指輪には定番の形があり、デザイン性はそこまで重視されていませんでした。ランキングサイトを見ると、そのデザインの豊富さに驚くのではないでしょうか。婚約指輪を買う予定の人もそうでない人も、ランキングサイトを見るだけで夢が膨らみます。